当スタジオは、『歪みを解消し、再発しないこと』を方針としてトレーニングを行なっています。

それは、『健康の維持を妨げているのは歪みの蓄積の結果である』と考えているためです。

そのため、トレーニングでは『歪みが取り除かれているかどうか?』を指標とします。

歪みと不調について

当スタジオは、身体の歪みと不調は密接に関係していると考えています。

それは、『歪みとは身体が自然に回復する状態から、かけ離れた時におきるもの。不調はあなたに歪みを気づかせるサイン』だからです。

人間の身体には、生まれながらにして、疲労、怪我、病気などを回復しようとする力があり、これを『自然治癒力』といい、適切な休息をとることで最大限発揮させます。

『歪み』とは自然治癒能力を発揮するために、休息を必要としているが、何らかの理由で休息をとらない場合に作られます。

身体が歪むと自然治癒力が阻害されるため、歪みが強くなると『暴飲暴食・肌荒れ・冷え・浮腫み・疲労・痛み』など様々な症状が身体に現れ、不調な状態と身体に警告を出し休息を促そうとします。

また、あなたが『仕事を休めない』などの理由から休息をせず、不調な状態を我慢したり、鎮痛剤や栄養剤等を用いて不調を抑えていると、徐々に身体がこの症状に慣れ感度が鈍くなり、一度のトレーニングや整体では取り除けない更に強い歪みへと発展していきます。

強い歪みはあるのに不調を感じない状態が続くと、突然ぎっくり腰のような強い痛みを起こす場合がありますが、これは強い痛みより強制的に休息せざる得なくするためです。

『ぎっくり腰がクセになる』と言われているのはそのような理由からだと考えています。

そして、一度強い痛み出ると身体がそのことを記憶し、同じような状況になると、あなたに強制的に休息させるため同じ状態がおきます。

ただし、不調のせいで生活に支障が出る場合は、応急処置として、薬など飲まざる得ない場合もあるかと思います。

その場合はすぐにトレーニングをし、症状がクセにならないようにすることをおすすめします。

このように身体が不調な状態になるには理由があり、それを押さえるようにしたり放置するにではなく、しっかりと歪みを取り除くことで再発防止を含めた身体つくりができます。

当スタジオでは、見た目だけをよくするトレーニングを行わず、歪みを解消することを目標としているのはこのためです。

トレーニング計画について

歪みは『取り除いても、また同じように歪もうとする』という特性をもち、一度のトレーニングでは全て取り除けないものです。

そして歪みが戻ろうとする時間は、症状の重たさ、期間、回復力、反動、生活習慣等の個人により全く異なります。

そのため最も早く歪みを解消するには個人に合わせたトレーニングの計画を立てることが最善あると考えています。

当スタジオでの流れ

当スタジオでは以下のように進めていきます。

1.カウンセリング

当スタジオに来られるきっかけのなった現在の身体の状態や生活習慣を、できるだけ詳細にお聴きします。

2.身体の仕組みについての説明

現在の身体の状態の原因は何か?歪みとは何か?解消するにはどうしたら良いか?などお伝えします。

3.コースの内容説明

当スタジオではトレーニングをどのように進めていくかをお伝えします。

4.着替え

お持ち頂いた衣服に着替えて頂きます。

5.トレーニング実践

身体の状態、歪みを確認しながらトレーニング・整体をしていきます。

6.トレーニングの説明

着替え後、お客様の疑問、質問などお聴きします。

また、トレーニング後の注意点、日常生活で出来ること、などを説明します。

7.次回予約

身体の状態で次のトレーニング日を決めます。